イエイ

利用実績400万人以上の不動産売却査定サイト

  • 査定費用
    無料
  • 同時査定数
    最大6社
  • 対応地域
    全国対応
  • おすすめ度

イエイは、400万人以上の利用実績がある、不動産売却査定サイトです。

大手不動産だけではなく、地元に特化した不動産会社でも査定依頼が可能です。

登録されている1,000社以上の会社から選択して一括査定ができ、無料売却査定は60秒で完了。

売却したい土地や家の価格がすぐにわかります。

イエイの詳細はこちら

どんな時にイエイを使うべき?

イエイを利用するのは当然家を売りたい時ですが、どのようなシーンが考えられるでしょうか。

1.相続

まず考えられるのが相続です。

両親が他界し、誰かがその家に引き続き住むという場合はまったく問題ありませんが、既に兄弟全員が家を買っているとか、現在の住まいが賃貸だとしても実家に戻るつもりはないということは当たり前のようにあります。

そういう時は親の家を売るといったことが必要になります。

相続で母親のマンションを譲り受けました。すでに私も結婚をしており生活拠点が他にあるので、今回、売却することを決めました。査定金額にも結構差があって逆に不安でしたが、税金にも詳しい不動産会社に売却をお願いしました。約3ヶ月ぐらいで希望する金額で売却することができました。

イエイでもこのように相続したマンションを売却した方がいます。

とくに近年では高齢化が進んでいるので、今後ますます相続した家を売却するといった悩みは出てくるでしょう。

2.子どもが自立した

まだ自分たちは元気だが、子どもたちが自立して夫婦二人だけでは広すぎるからいまの家を売って引っ越したい。

そんな場合もイエイの不動産査定は活躍します。

子供達がみんな成人して出て行ったので、2人で暮らすには家が手広くなり、もう少し小さい家に引っ越すことにしました。地元では大きな会社で、買主様がいっぱいいますとの事でしたので、売却をお願いしました。

このように、イエイを利用して住み替えを行っている方もいます。

広いと感じる家に無理に住み続ける必要はないので、子どもが自立したらこういったことも考えてもいいでしょう。

3.転勤など

家を買ったはいいけど、仕事の関係で家を売らざるを得なくなった…

せっかく買った家を仕事を理由に手放さないといけないのは心苦しいですが、同じ手放すのであれば新天地で購入する新しい家の足しになるように、少しでも高く売れた方がいいのは間違いありません。

また、時間があれば問題ないのですが、来月転勤など、突然の辞令を言い渡された時はすぐに家を売らなければなりません。

そういった時もイエイを利用することで、早めに家を売ることができます。

結婚を機に思いきってマンションを買ったのですが、仕事の関係で結局手放す事になりました。初めての売却だったので不安でしたが、親切でわかりやすく説明してくれた担当に信頼出来たのでお願いすることに致しました。不動産の予想通り、1ヶ月で売って頂く事が出来ました。

イエイを利用して、わずか1ヶ月で売れたという声も実際にあります。

なかなか家が売れない…という話も珍しくない中でここまで早く売れると安心できますね。

4.ローンの支払いが厳しくなった

購入時は返済の目処が立っていてマンションや一軒家など、自宅を購入したが、転職したり会社の都合で給料が下がったりなどの理由で支払いが厳しくなったということもあるでしょう。

そういった場合、自宅を売却せざるを得なくなりますが、ローン残債次第では不動産会社が首を縦に振ってくれないこともあります。

そういった場合、別の不動産会社に足を運んだり電話しなければなりませんが、イエイであれば複数の不動産会社に一括で査定依頼ができるので、親身になって相談してくれる不動産会社とも巡り合うことができます。

お恥ずかしい話なんですが、仕事の都合でローンの支払いも厳しくなってきてしまい、売却を決意しました。イエイさんから5社の不動産会社を紹介して頂きましたが、相場よりローン残債が多く、売却出来ないと断られた不動産会社もありましたが、熱心に対応してくれた不動産会社にお願いして、時間はかかりましたが、なんとか希望の金額売却ができました。

この方の場合は5社に査定依頼をしたようですね。

このように複数の不動産会社に依頼をすることで、数社に断られても一社は手を挙げてくれるということもあるので、有効活用しましょう。

5.すでに売却依頼をしているが、なかなか売れない

イエイを使うより早く、自分で不動産会社に家を売る相談しているケースもあると思います。

実際、なかなか買い手がつかず、いつまで経っても自宅が売れないといったケースは珍しくありません。

そういう時は不動産会社に進捗の確認であったり、早く買い手を見つけてほしいといった交渉が必要になります。

また、それだけならまだしも「高いから売れない」と最初の査定額よりも安くされてしまうことも…

そうならないためにも、真摯に対応してくれる不動産会社とやり取りすることが大切になりますが、イエイであれば優良な不動産会社が登録しているので安心して任せられます。

元々ある不動産会社に媒介を依頼しておりましたが、なかなか売れずにそのまま放置されていた状態でした。今回イエイを使ってみて、売却に自信を持っている不動産会社いてお願いをしたら、1ヶ月で買主様を見つけて来て頂けました。

この方はまさに放置状態だったけど、イエイを使ったことで家を売れたというケースですね。

もし、現時点で不動産会社に依頼をしているけど、なかなか話が進まないという状況であれば、イエイで一括査定をしてみましょう。

イエイの詳細はこちら

イエイに優良企業が多い理由

不動産会社といってもピンキリです。

例えば、多くの顧客を抱えていて売却までの時間は掛からないかもしれないが、安い査定額をつけられたり、大手に客を取られまいとしつこく営業してくるところもあるでしょう。

一括査定見積もりというと、そういう業者に引っかかってしまうのでは…?という不安があるのは当然のことです。

実際、先ほどのイエイを利用した方の中にもすでに不動産会社に自分で依頼をしていたけど音沙汰なしという方もいたわけですから、一定数はハズレの不動産業者が存在しているのも確かです。

しかし、イエイの場合、「イエローカード制度」というものがあり、しつこい勧誘があるなどで、クレームが多かったり評判が悪い不動産会社はイエイのほうから契約解除をすることができます。

この制度により、イエイの登録業者は優良な不動産会社が多い状態が保たれているのです。

専任のスタッフがサポート

イエイは一括査定見積もりサービスですが、ただ不動産の仲介をやるだけなの?といった疑問も湧いてくると思います。

事実、一括見積もりサービスは登録業者に一斉に依頼をするためだけのシステムというものも少なくありません。

しかし、イエイの場合、専門知識を持った専任スタッフが常駐し、中立的な立場からサポートしてくれます。

相談はメールだけではなく、希望があれば対面でも可能です。

また、複数の不動産会社に査定依頼をすると、お願いすることになったところ以外は断らなければなりません。

とくに断ることが苦手な方は一括査定を使う上でひとつの障壁となると思いますが、イエイの場合、お断り代行サービスというものがあるため、代行連絡をして断ってくれます。

さらに、サポートデスクは24時間・年中無休なので、困ったことがあれば、いつでも相談が可能です。

全国1,000以上の登録業者がいるから、幅広く対応

不動産会社に依頼といっても、売りたい家がある地域に対応しているところ以外、対応は不可能です。

東京や大阪といった大きな都市であれば不動産会社が見つからないかも…なんて不安は一切ないと思いますが、地方となると話は別。

しかし、そこはやはり1,000社以上登録しているイエイなので、希望にマッチングした不動産会社がきっと見つかるはずです。

とはいえ、地域によっては見つからない場合もあります。
その場合は、イエイサポートセンターが相談に乗ってくれます。

また、イエイでは以下の不動産に対応しています。

  • 分譲マンション
  • 一戸建
  • 土地
  • ビル一室
  • マンション一棟
  • アパート一棟
  • ビル一棟
  • 工場・倉庫
  • 店舗・事務所
  • 農地・畑・田んぼ
  • 山林
  • その他

当然、不動産会社によって得意な物件、不得意な物件が分かれます。

一社ごとにあたっているとなかなか対応してくれる不動産会社に巡り合えないかもしれませんが、こちらもイエイであれば条件を入れるだけで希望に合った会社を紹介してくれます。

また、大手だけではなく、地元に強い不動産会社も紹介してくれるのも特徴。

実際に比較してみると、大手よりも地元の不動産会社のほうが査定額が高いということも珍しくありません。

イエイの詳細はこちら

イエイで不動産一括査定の依頼をする

イエイの申し込み画面は非常にわかりやすくなっているので迷うことはないと思いますが、念のため査定申し込みまでの流れを紹介しておきます。

1.物件の情報を選択する

  • 物件のタイプ(分譲マンション、一戸建、土地、など)を選択
  • 売りたい家がある都道府県を選択
  • 市や区を選択
  • さらに詳しい情報を選択

つまり、売りたい不動産が何なのか、その不動産がどの地域にあるかを選ぶだけで最初のステップは完了します。

情報の選択が完了したら、「次へ(60秒で完了)」をクリック。

2.査定物件の所在地の入力、建物(専有)面積、土地面積、間取り、建築年、査定物件との関係を選択

ここで番地の入力をしたり、物件の面積などを選択し、より細かい不動産情報を入れていきます。

わからない場合は、「正確に覚えていない」という選択肢もあるので、完全に正しい情報を入れなければいけないというわけではありません。

しかし、当然曖昧な部分が多いほど査定額と実際の金額に誤差は生まれてくるので、できる限り正確に入力できるのが理想です。

情報の入力、選択が完了したら「次へ」をクリック。

3.アンケート

不動産に関する情報は上記で完了していますが、売りたい不動産物件に住んでいるかとか、相談したい内容などがあればここで選択できるようになっています。

査定方法もここで選択することになりますが、「机上査定」だとちゃんとした金額が出ないので「訪問査定」を80%の方が選択しています。

最後の「要望・質問など」は任意なのでとくに入力しなくても問題ありませんが、せっかくなので疑問点などがあったらここに入力しておきましょう。

入力が完了したら、「あと少しです」をクリック。

4.個人情報の入力

名前、年齢、携帯電話番号は必須で、メールでの連絡が欲しい場合は任意でメールアドレスをここで入力します。

情報を確認したら、「次で最後です」をクリック。

ちなみに、メールアドレスの入力がないと、以下のような確認が表示されます。

メールアドレス未入力かつメールでの連絡が必要なければ「そのまま進む」をクリックしてください。

5.不動産会社を選択する

ここまできたら、あとは表示された不動産会社を選択するだけです。

今回の例の場合、土地情報などを適当に入れたので不動産会社が1社しか出てきませんでしたが、しっかりと情報を入力すれば複数の会社が出てきます。

また、依頼する不動産会社の確認ができるのと同時に、表示された不動産会社に依頼するかどうかの選択も可能です。

例えば、この不動産会社は調べたら評判が悪いからやめておこう、とか、6社(最大)だと多いから半分に絞ろう、といったこともできるわけです。

このように手軽に無料で査定依頼ができるので、不動産売却をしようと思い立ったら、イエイで一括査定を申し込んでみましょう。

イエイの詳細はこちら

クチコミをご紹介

口コミがまだありません

あなたもクチコミを投稿してみませんか?

内容によっては、掲載出来ない場合がございます。ご了承くださいませ。

  • アバターを選択

イエイの詳細はこちら