不動産を売るのは大変なの?セミナーに行く必要はある?

不動産を売るのは大変なの?セミナーに行く必要はある?

38view

2018.06.22

不動産を売るのは大変!

最初に無料査定

不動産を売るにあたって、最初に行うことは査定です。査定は不動産の金額を調べることになりますが、契約金額とは異なります。契約金額は査定額より低くなることが多いです。これは、不動産業者が自社でその不動産を扱うために査定額を多めに見積もってしまうことから発生しています。不動産を売る場合は焦りもあるとは思いますが、ぐっと我慢して条件のよい業者を見つけるようにしてみてください。

売却金額の決定

不動産業者が決まったら売却金額と販売方法について業者と相談します。売却金額は査定金額に基づいて決定しますが、その際に売却する不動産のウリを決めます。ここから不動産業者が販売活動を行っていきます。

不動産業者との契約

不動産業者との契約のことを媒介契約といいますが、その種類は一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3つに分けられます。複数の不動産業者が契約できるのは一般媒介契約となります。専任媒介契約は1社だけになりますが、一般媒介契約、専任媒介契約ともに自分で依頼者を探すことはできます。

専属専任媒介契約の不動産業者は1社だけで自分で依頼者を探すことはできません。不動産業者は契約から5営業日以内に国土交通省が定めている専用の流通機構に登録する義務が発生します。この3つの中から契約を選んで契約を結びます。

販売活動開始

販売活動はインターネットや国土交通省の指定した流通機構、ダイレクトメールなどで行います。国土交通省が運営しているサイトでは他の不動産業者にも情報を公開しているので、広い範囲で販売活動を行っていきます。他にも地域密着型の不動産であれば新聞などに折込式のチラシを作成して配布することもあります。

販売先決定

販売活動の結果、不動産を購入したいという方が現れた場合には購入決定となります。

不動産セミナーのメリット、デメリット

不動産セミナーの目的

不動産を自分で販売するという経験はなかなかする機会もないでしょう。いざ、販売しようと思ってネットなどで情報を集めていると無料で参加できるセミナーの紹介を目にすることもあると思います。このようなセミナーは不動産業者が自社扱う不動産を増やすために行っている場合がほとんどです。

不動産を購入したい場合には一度セミナーに参加してみてもいいでしょう。ただ、セミナーと聞くと怪しいと思われる方もいるかもしれません。不動産セミナーに関するメリット、デメリットを集めてみました。

不動産セミナーのメリット

不動産セミナーのメリットは何といっても、生の現場の声が聞けることです。不動産を購入する方は多くても、販売となると行われる方がぐっと減ります。それにともなって、インターネットで調べてでてくる情報も少なくなってきます。その中で不動産売却の流れやポイントがざっと理解できます。

また、ネット上に載せられないような情報でもサラッと話してくれることがあるかもしれません。セミナー後などに質問タイムを取ってくれるところもほとんどですので、多少突っ込んだ質問をすることも可能です。情報収集の一環として参加してみるのも手ではあるでしょう。他のセミナー参加者から有益な情報が得られる可能性もあります。

不動産セミナーのデメリット

不動産セミナーは不動産業者が販売者集めのために行うという側面もあります。不動産セミナーの後で、業者から勧誘がしつこいというケースもあるでしょう。実際に参加してみたら、販売については少し考えたいという場合には執拗な勧誘は迷惑になります。

もし、しつこい勧誘にあってしまったらその業者が良くないということが分かったと気を取り直して違う業者にあたってみるといいでしょう。また、質の悪いセミナーであればネットなどで調べた情報をもう一度繰り返すだけになってしまうこともあります。セミナーの良し悪しは実際に行ってみないと分からないのが難点です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る